年金暮らし

年金暮らし

老後の暮らしを支える個人年金保険とは

老後の暮らしに困らないようにするために加入するものとして、国民年金などの公的なシステムが整備されていますが、統計などをみる限りでは、実際にその受取額だけで生活することはなかなか難しいといえます。そこで、ある程度仕事のできる若い時期から、将来に備えた不足分をたくわえておかなければなりません。そこで登場するのが、民間の生命保険会社などが取り扱っている個人年金保険とよばれる金融商品です。この個人年金保険というのは、毎月一定の保険料を積み立てることで、将来的に年金を受け取ることができるというしくみです。受け取りの方法にはいくつかあり、公的なしくみとまったく同じく、生きている限りは毎月一定額が受け取れるというものや、決められた期間限定ではあるものの、その期間内であればまとまった金額が受け取れるというものまであります。これらは最終的には本人のライフスタイル上の選択の問題となりますので、メリットとデメリットを比較した上で契約をすればよいものです。

個人年金保険のメリットについて

将来年金がもらえなくなるのでは?と心配する人も多くなっています。そこで、最近良く耳にするようになりました個人年金とは何でしょうか?それは公的年金以外に保険会社などと個人的に契約する年金保険のことで、老後の生活資金準備のための生命保険の一種にもなります。高齢化社会の日本では老後資金が重要な問題となっています。基本的な仕組みを知っておけば将来の備えにも役立ちます。貯蓄したいがなかなかお金が貯まらないという方には非常に向いているため加入をお勧めします。銀行預金は好きなときにいつでもお金を引き出せる気軽さがありますが、それができないため嫌でも貯蓄が継続されることになります。(支払いが終わる前に中途で辞めてしまったり、解約してしまうと元本割れしてしまうリスクがあるためです。)通常の保険と同様に銀行口座から引き落としされますのでお金は知らない間にどんどん貯まっていきます。貯金が苦手な人でも強制的に貯金ができるというメリットが魅力の一つです。

pickup

海洋散骨依頼
http://ginga-net.com/plan/ocean/

最終更新日:2016/5/18